2015年10月27日

歯医者さんというのは、本当にどこの町にもあるもの

一つの町に4つから5つの歯医者さんがある

一つの町に4つから5つの歯医者さんがある、というのはもはや当り前のことになっていて、本当にちょっと町を歩いてみれば、すぐに歯医者さんの看板や入り口を目にすることになってしまいます。これだけいっぱい歯医者さんがあっても、ちゃんと成り立っているということは、やはりそれだけ患者さんが多い、ということなのでしょう。これが眼科や耳鼻咽喉科のお医者さんとなれば、そうそう簡単には見つからないものなので、改めて歯医者さんがいかに多いのか、ということを実感できてしまうわけなのですね。

歯医者さんと他のお医者さんとの違いとは?

実は歯医者さんというのは、その他のお医者さんとは違って、独自の医師免許がいるものなのです。というのも、歯医者さん以外のお医者さんの場合、外科や内科、小児科はもちろんのこと、眼科や耳鼻咽喉科、産婦人科に精神科といったどのような医科であっても、全てに共通である医師免許なのですが、歯医者さんの歯科だけは歯科医師免許、という別の免許になっているからなのです。もちろん、この免許を取るための国家試験も別々になっていて、医師免許が医師国家試験であるのに対して、歯科医師の免許は、歯科医師国家試験というものになっているのです。

歯の病気を抱えている人がとても多いから?

歯医者さんと他のお医者さんとが別扱いになっているのは、やはり、歯科医療というものが特殊なものだからなのでしょうか。ともかくも、その数の多さからいっても、歯医者さんというものが、お医者さんの中でもとても身近なものであることは確かなことでしょう。逆に言うならば、歯の病気を抱えている人がいかに多いのか、ということなのですね。でなければ、一つの町に4つも5つもの歯医者さんがあって、それがちゃんと成り立っているということはあり得ないのですから。

虫歯は、早期発見と早期治療が最も大切です。ですので、虫歯ができてしまったら鎌ヶ谷の歯医者などで虫歯を治してもらいましょう。